街を歩いていて、自分が入札をお手伝いした工事に顧問先の名前が出ていると、嬉しいものです。

昨日も、顧問先が受注した工事現場の横を通る際に、社長の名前が書いていました。

行政書士は決して表舞台に出る仕事ではありませんが、こういう時は自分の仕事に誇りを持てます。

許認可で、会社を発展させるお手伝いをしている気概で、毎日尽力しています。