専任の技術者を有すること」とは、許可に係る工事に関して、営業所ごとに一定の資格又は経験を有する専任の技術者を設置することが必要です。

専任技術者は、許可を受けようとする建設業が一般建設業であるか特定建設業であるか、また建設業の種類により、それぞれ必要な資格等が異なりますので、順々に説明していきます。

また、専任技術者は「営業所ごとに専任の者を設置」することとされていますので、その営業所に常勤していることが必要です。経営業務管理責任者と同様ですね。

 

専任の者とは、営業所に常勤して専らその職務に従事することを要する者をいいます。その者の勤務や給与の支払状況等により「専任」か否かの判断を行います。

なお、以下の者は、原則として、専任の者としては取り扱いません。
① 住所が勤務を要する営業所の所在地から著しく遠距離にある者
他の営業所(他の建設業者の営業所を含む。)において専任になっている者
③ 建築士事務所を管理する建築士、専任の宅地建物取引士等
④ 他法人などで常勤で専任勤務している

 

・専任技術者の設置も許可要件の1つですので、許可を取得した後に専任技術者が不在となった場合は許可の取消し対象等になります。