国家資格者
許可を受けようとする建設業で国土交通大臣が定める技術検定その他法令の規定による試験に合格した者、または他の法令の規定による免許で許可を受けようとする建設業で国土交通大臣が定めるもの

指導監督的実務経験を有する者
一般建設業の許可を受けようとする場合の要件のいずれかに該当する者のうち、許可を受けようとする建設工事で、発注者から直接請け負い、その請負代金の額が4,500万円以上であるものに関して2年以上指導監督的な実務経験を有する者

・指導監督的実務経験とは建設工事の設計、施工の全般にわたって工事現場主任や現場監督者のような資格で工事の技術面を総合的に指導監督した経験をいう。
・なお、指定建設業の許可(下記参照)については、この限りではありません。


大臣特別認定者
・ 国土交通大臣が①又は②に掲げる者と同等以上の知識及び技術又は技能を有すると認定した者
・ 指定建設業7業種に関して過去に特別認定講習を受け
、当該講習の効果評定に合格した者、または、国土交通大臣が定める考査に合格した者

(注)指定建設業とは、施工技術の総合性、施工技術の普及状況、その他の事情等を勘案して定められた業種で、下記の7業種である。

土木工事業、建築工事業、電気工事業、 管工事業、鋼構造物工事業、舗装工事業、 造園工事業

指定定建設業を受けようとする場合に設置しなければならない専任技術者
は、①又は③の要件を満たす必要がある。