一般建設業と特定建設業

特定建設業とは、発注者から直接請け負う1件の建設工事について、下請代金の額が4,000万円(税込。建築一式工事の場合は6,000万円)以上となる下請契約を締結する場合に必要となります。

例えば、元請けX社が、下請け3社に工事を請け負わせました。
•下請けA社 2000万
•下請けB社 3000万
•下請けC社 1500万

A・B・C社の工事代金額は6500万です。4000万以上ですので、この場合は特定建設業の許可が必要です。
一般建設業とは、特定建設業以外のものをいいます。