知事許可と大臣許可

2つの建設業許可の区分

建設業の許可には、大臣許可と知事許可の2つがあります。
大臣許可は、2以上の都道府県の区域内に営業所を設けて営業しようとする場合に取得しなければならず、知事許可は、1の都道府県の区域内のみに営業所を設けて営業しようとする場合に取得しなければなりません。

「営業所」とは、常時建設工事の請負契約を締結する事務所をいいます。

また、建設業の営業に実質的に関与する事務所も、「営業所」とされています。

大臣許可と知事許可の区別は営業所の所在地で区分され、どちらの許可であっても営業区域又は工事を施工し得る区域に制限はありません。

例えば、兵庫県知事の許可業者であっても、どこの都道府県で建設工事を行えます。