経営業務管理責任者について

経営業務の管理責任者を有すること

経営業務の管理責任者を有すること」とは、対外的に責任を有し、建設業経営について総合的に管理した「経験」を有する者が、法人では常勤の「役員等」、個人では「事業主または支配人」となっていることをいいます。
・「経験」の期間は、申請業種と同一の業種についての経験では5年以上、それ以外の業種の場合は7年以上が原則です。法改正が予定されており、緩和傾向。
・経営業務管理責任者は「常勤」であることが必要です。

また、申請業種と同一の業種についての経験で、経営業務の管理責任者に準ずる地位にあった者(法人であれば役員に次ぐ地位、個人では事業主の次)も以下の場合に認められます。

5年以上建設業の経営業務を総合的に管理

執行役員等としての経営管理経験と経営業務管理責任者の経験が合わせて5年も可

7年以上経営業務を補佐した経験

許可を受けようとする建設業に関する補佐経験の期間と、許可を受けようとする建設業に関する執行役員等としての経 営管理経験又は許可を受けようとする建設業若しくはそれ以外の建設業における経営業務の管理責任者としての経験の期間とが通算7年以上である場合も可

経営業務管理責任者の要件補足

・ 「常勤の役員」とは、原則として本社、本店等において休日その他勤務を要しない日を除きその職務に従事している者
建築士事務所の建築士、宅地建物取引業者の宅地建物取引士等、他の法令で専任を要するものと重複する場合は、常勤と認められない。

・ 「経営業務の管理責任者としての経験を有する者」とは、法人の役員、個人の事業主等、営業上対外的に責任を有する地位にあって、経営業務の執行等建設業の経営業務について総合的に管理した経験を有する者。

・ 「経営業務を補佐した経験(以下「補佐経験」という。)」とは、経営業務の管理責任者に準ずる地位(法人の場合は役員に次ぐ職制上の地位にある者、個人の場合は当該個人に次ぐ職制上の地位にある者)であって、許可を受けようとする建設業に関する建設工事の施工に必要とされる資金の調達、技術者及び技能者の配置、下請業者との契約の締結等の経営業務全般について従事した経験。

・経営業務の管理責任者の設置は、許可要件であるので、許可を取得した後に経営業務の管理責任者が退職し、後任が不在となった場合は要件欠如で許可の取消しとなります。