許可を受けなければできない工事は、1件の請負代金が500万円以上(建築一式工事については、木造住宅以外では1500万以上、木造住宅では延べ面積150㎡以上)の工事を請負施工する場合
です。

・代金については消費税を含みます。

・住宅とは、延べ面積の2分の1以上が住宅として使用されるものをいいます。

・軽微な工事であっても、解体工事を行う場合は別途解体工事業の登録が必要です。