建設業許可を専門に行っていない行政書士に依頼されたのではないでしょうか?

多いのは、手引きにある立証方法による書類が整わなければ、許可の用件を満たせないので取れませんと言われるケースです。

実際には、建設業許可の手引きに記載がない立証で許可が認められるケースもあります。

自分のケースは一般的な立証では許可が取れないケースだと認識して、専門の行政書士にご相談ください。

あきらめなければ、何か立証方法が見つかるかもしれません。