建設業許可・産業廃棄物収集運搬業許可の新規許可取得、更新申請、変更届等、各種許認可申請はお任せください!
MONTH

2017年4月

Q 事務所や保管場所の地図はどの程度の精度が必要ですか?

駅や目ぼしい場所との位置関係や距離などが明確であれば、それほどの精度は求められないことが多いです。 ネットで検索できる地図などでも最近は受け付けてくれるようになっています。 行政庁によっては既定の書式に貼り付けるように指示されますが、多くの場合別紙でも構わないと言われます。 事前相談の際に持っていき、確認しておくと申請がスムーズです。

Q 添付の地図は住宅地図などで大丈夫ですか?

原則、住宅地図はグーグルマップなどで大丈夫だと思います。 管轄の行政庁によって扱いが異なるとは思いますが、今まで不可とされた記憶はありません。 別紙でも大丈夫と言ってくれるケースがほとんどです。 産業廃棄物収集運搬の許可に関しては、年々、申請書類等が簡素化しているような気がします。

Q ローンで購入したので、車検証の所有者が自動車販売会社になっていますが?

使用者が申請人名義になっていれば、特に問題はありません。 リース車両でも許可を取得できますので、それほど神経質になる必要はありません。 車両、資金、保管場所等の要件が満たされていれば、まず取得できる許可です。 もっとも、欠格要件に該当している場合は取得できません。

Q 会社員だったので、過去3年分の決算書が提出できません

サラリーマンから独立開業し、3期分の決算が終了していない方からのご相談です。 この場合は、サラリーマン時代の納税を源泉徴収票等で証明することになります。 そのため、必ず3期分の決算書類が必要というわけではありません。 管轄の窓口にご相談されれば、何かしらの指示をくれるでしょう。