今年から経営業務管理責任者の要件が緩和されました。
それに伴って、今まで許可取得を諦めていた事業者様からのご相談が多くなっています。

最近では、取り立てて許可が必要な工事はないが、世間的に許可業者でなければ信頼されないという理由で取得するケースが多いです。

また、取引先から取るように迫られるケースです。

建設業許可が一種のステータス、ブランドになっているのかもしれません。

 

これから建設業を開始される個人事業者の方や法人様ならお分かりでしょう。
今や、500万以上の工事をする・しないに関わらず、事業を成長させるためには建設業許可は必須になっています。

というのも、下請をするにしても、元請会社から許可を取得するように言われますし、一般ユーザーも許可業者であることを確認して、仕事を依頼するような傾向になっています。

これまでなら、「許可がなくても仕事はできる」「許可が必要な工事をしない」と許可取得を躊躇っていた業者さんが、続々と申請を検討しています。

要件は厳しいですが、何とか満たせるように努力すれば、たいていは何とかなるものです。