新設法人の建設業許可申請は、省略できる書類がありますので、申請自体は簡易になります。

まず、工事経歴がありません。
工事経歴がありませんので、自治体によっては見込みであったり、誓約書等で済みます。

一度も決算が終了していなければ、決算書も必要ありません。

書類作成の際に大きなウエイトを占める決算関係書類が省略できるのは、大きいです。

ただし、あくまで要件を満たしている場合です。
要件を満たしているか微妙なケースでは、要件を立証書類をかなり提出することになります。