建設業許可・産業廃棄物収集運搬業許可の新規許可取得、更新申請、変更届等、各種許認可申請はお任せください!
CATEGORY

ブログ

2017年度訪日観光客、2700万人

報道で目にしたのが、表題の数字です。 2016年度が2400万人でしたから、実に1年で300万人程度増加しています。 物凄い伸びだと思います。 この需要に乗ろうと、当方への旅行業開業のご相談も増えています。 観光客の大部分を占める、中国人を対象とした旅行会社を作る動きです。 在日している中国の方が、旅行会社を開業するのです。元々、飲食店などの商売をされている方が多いです。 ビジネス的に相乗効果が見 […]

加古川県民局に申請

昨日は加古川の事業者様からのご依頼案件で、加古川県民局に申請に行きました。 当事務所は明石や三木からのご依頼が多いのですが、加古川や稲美町の事業者様からもよくお問合せをいただきます。 事案は個人での建設業許可申請でした。 まだ許可は取らなくてもいいと思っていたようですが、取引先から直ぐに取るように言われたとのことで、急ぎの申請となりました。 当初は要件を満たしていませんでしたが、上手く人を調整でき […]

新設法人の建設業許可申請について

新設法人の建設業許可申請は、省略できる書類がありますので、申請自体は簡易になります。 まず、工事経歴がありません。 工事経歴がありませんので、自治体によっては見込みであったり、誓約書等で済みます。 一度も決算が終了していなければ、決算書も必要ありません。 書類作成の際に大きなウエイトを占める決算関係書類が省略できるのは、大きいです。 ただし、あくまで要件を満たしている場合です。 要件を満たしている […]

産廃中間処分、最終処分場の許可も

当事務所は産業廃棄物収集運搬業の許可をメインにしています。 というのも、許可が取りやすいために圧倒的に数が多いからです。 建設業者の方が、建設業許可と併せて取得するケースも多いです。 しかし、中間処分、最終処分場の建設等も対応しております。 行政との事前折衝、住民説明など、ハードな許認可です。 土地によっては、開発許可なども関係してきます。 何年がかりの申請になることも、珍しくありません。 失敗で […]

クライアントの法人成り

産廃許可や建設業許可などは、個人で許可を取得して営業していても、事業を法人化する際には1から許可を取り直す必要があります。 個人と法人の人格は別だからです。 許可取得後の年数や更新回数が0からになるため、嫌がる事業者さんは多いものです。 しかし、ホームページの社歴に個人事業から法人成りの流れを記載していれば、たいていは顧客は見ています。 それほど気にすることはないと思います。   お問い […]

経営業務管理責任者の要件緩和で相談が増えています

今年から経営業務管理責任者の要件が緩和されました。 それに伴って、今まで許可取得を諦めていた事業者様からのご相談が多くなっています。 最近では、取り立てて許可が必要な工事はないが、世間的に許可業者でなければ信頼されないという理由で取得するケースが多いです。 また、取引先から取るように迫られるケースです。 建設業許可が一種のステータス、ブランドになっているのかもしれません。   これから建 […]

建設業許可の立証

建設業許可の立証は、けっこう厳しいものです。ただ単に、経営業務管理者の要件を満たしていますと自己申告するだけではダメで、それをどう証拠能力の高い書類で立証するかが決め手になります。 専任技術者についても、資格は取得しているかどうかで立証は明確ですが、経験の立証は上記と同様です。 問題なく要件を満たし、立証書類も揃うケースは稀で、どこかで頭をひねる案件が行政書士に持ち込まれます。 我々の仕事は、立証 […]

建設業などの許可更新申請を忘れると、許可の取り直しになります

時折、ご相談があります。 建設業の更新申請を忘れていた、申請の期限を過ぎてしまった事業者さんが、困られて何とかしてほしいと書類を持ってこられます。 しかし、こればかりは何ともしようがありません。新規で許可を取り直す他はありません。 許可の期限が切れ、新たな許可取得までは500万以上の工事は受けられません。 毎年ある手続であれば覚えているものですが、更新申請は5年ごとなので忘れやすいものです。 我々 […]

標準審査は45日ですが、概ね2カ月

産業廃棄物収集運搬業許可のご依頼を受けた際、許可取得までどのくらいですか、とご質問を受けます。 標準審査期間については45日ですが、休日等もありますし、行政の事情などもあり、概ね2~3カ月くらいは掛かります。 取引先との関係などで早く許可を取得したい方が多いですが、申請さえ済ませたら、行政の受付印を取引先が確認して安心してくれるケースもあります。 受付されると、欠格事項などに該当していない限りは、 […]

ご依頼で多いのは、丸投げです

行政書士に許可申請を依頼する一番の理由は、本来業務に集中したいというアウトソーシングの考え方です。 実際にも、丸投げの形でご依頼頂く機会が多いものです。 というのも、産廃許可申請自体は、時間を掛ければ自身で行えないことはないからです。 役所に何度か相談に行き、必要書類を取得し、申請書を作成します。 自身でもできる手続を、行政書士に依頼するメリットとしては時間の節約になる、許可取得後も関わっていれば […]