建設業許可・産業廃棄物収集運搬業許可の新規許可取得、更新申請、変更届等、各種許認可申請はお任せください!
CATEGORY

旅行業登録Q&A

Q 語学スクールを運営していますが、生徒の旅行の企画・手配は旅行業にあたりますか?

反復継続して、業で宿泊先や運送を手配する場合は、旅行業に当たります。 一度きりであれば、業にはなりません。   また、生徒限定であれば第三種旅行業に該当しますが、不特定多数を対象にする場合は、第二種旅行業に該当します。 ご自身の行いたい事業に合わせて、登録を行う必要があります。   「業」に当たるか、「旅行業」なのか、「顧客の対象」は誰なのかが、問題になります。

Q 旅行業協会の入会費用はどのくらいですか?

それぞれの団体に確認するのが一番早いですが、 ・入会金 60~70万 ・入会費と年会費で50~60万 程度は計算しておく必要があります。   入会せずに最低営業保証金を拠出する場合は、第三種旅行業でも300万は必要です。 初期費用を抑えられるメリットは、大きいと思います。   しかし、最低営業保証金は一度の拠出で済みますが、協会の年会費は毎年必要になる経費です。 第三種の場合で […]

Q 中連協加入のサポートもしてくれますか?

はい、中連協加入のサポ―トも行っております。 加入の際にクリアしなければいけない実績の積み方等についてもコンサルいたしますので、ご相談ください。 旅行業登録及び運営、協会加入、中連協加入の一連の流れを支援しています。

Q 営業保証金の額は変わるのですか?

営業保証金の額は、業務の範囲や年間の取扱額によって変動します。 これは、旅行業者が倒産した場合に、旅行者が支払った旅行代金を保護する趣旨で設けられています。 旅行業登録のそもそもの目的は、旅行者の保護だからです。 ただし、旅行業界に加入すると営業保証金は5分の1の納付で済みますので、こちらを利用して開業される方が多数です。

Q 手配旅行とは何ですか?

旅行計画は旅行者自身が作成し、旅行業者は、旅行者の依頼を受けて航空券や宿泊施設などの手配を個別に行い、手配に関する手数料を受け取るサービス形態です。 創業期のHISが格安航空券のみの手配で業績を伸ばしたのは、よく知られています。

Q 会社の定款に「旅行業」と入っていません

その場合は、定款の事業目的に記載する必要があります。 記載の方法ですが、「旅行に関すること」などとあいまいな表現では登録が認められない場合がありますので、 ・「旅行業」 ・「旅行業法に基づく旅行業」 とすればよいかと思います。 定款変更を行ってから、旅行業登録申請を行う流れになります。

Q 旅行業務の概要とは?

申請書類の部分についてのご質問です。 旅行業務の概要は、要件を満たしている場合は、作成する書類の中で最も重要になります。 事業の見込みや経営が成り立っていくのかを判断されますので、文書を十分に練って記載するようにしてください。

Q 旅行業は登録ですが、許可とどう違いますか?

一般の方にとって、「登録」、「許可」、「届出」などの区別は難しいものです。 「許可」は、原則として禁止されている行為について、一定の要件の下で禁止を解除することです。 「登録」は、行政機関において一定事項を、公簿に記載することです。 「届出」は、一定の事柄を行政に知らせることです。 何となくですが、許可が一番厳しそうだと感じてもらえると思います。 旅行業は登録ですので許可ほど厳しくはありませんが、 […]