建設業許可・産業廃棄物収集運搬業許可の新規許可取得、更新申請、変更届等、各種許認可申請はお任せください!
CATEGORY

産業廃棄物Q&A

Q 優良事業者の情報公開はどうするのですか?

インターネット上で、半年間に亘って行います。 通常は産廃ネットを利用している業者さんが多いです。 ただ、情報を公開しているが更新していなかったり、必要な情報を公開していない場合は、認定されませんので注意が必要です。 自治体によっては、更新頻度の一覧表を提出書類として求めてくるケースもあります。

Q 産業廃棄物処理施設を事業として行いたいのですが?

まずは監督官庁に事前相談が必須です。 周辺住民との合意形成等も図る必要(自治体による)がありますので、かなりの長丁場で進めていくことになります。 許可基準は後々サイトにアップしていきますが、 施設の技術上の基準 周辺環境への配慮 運営者の能力基準 等が重要になります。

Q 経理的基礎は何で判断しますか?

申請先の自治体によって異なります。 たいていは3年分の決算書を提出し、赤字がないかどうかをチェックされます。 自治体によっては5年分求められることがありますし、収集運搬以外の場合はさらに厳しい審査がなされます。 なお、収集運搬の更新は、赤字であっても経営改善計画等の提出で許可が下りる場合があります。必ずではありません。

Q 気体や土砂は廃棄物ですか?

廃棄物処理法では、 気体 土砂及び専ら土地造成の目的となる土砂に準ずるもの などは廃棄物から除外されています。 他にも、放射性廃棄物や漁業活動で排出された水産動植物なども除外されています。

Q 兵庫県の産廃許可が変わったと聞きましたが

平成23年4月1日より、産業廃棄物収集運搬業の許可について合理化が図られました。 これまであれば、県許可、神戸市、姫路市、尼崎市、西宮市が別々の許可の運用を行っていましたので、例えば、神戸市と尼崎市で収集運搬を行うには2つの政令市で許可取得の必要がありました。 が、改正により、県の許可を取得すれば、県内のすべてで収集運搬が行えます。

Q 廃棄物の定義は?

廃棄物とは、行政処分の指針において占有者が自ら利用し、または他人に有償で譲渡することができないために不要になったものとされています。 具体的な判断は、 物の性状 排出状況 通常の取り扱い形態(市場の形成) 取引価値 占有者の意思 等を総合的に考慮してなされます。

Q 許可の有効期間が7年になる方法があると聞きましたが

はい。優良事業者認定を受ければ、許可の期限は7年となります。 ただし、途中で変更許可を受けた場合は、従前の期限を引き継ぎます。 当サイトでも若干記載していますが、優良事業者認定はハードルがなかなか高いので、まずは要件を整えることです。

Q 定款の事業目的に、産業廃棄物収集運搬が記載されていません

申請する自治体に問い合わせて、定款の目的変更が必要かどうかを確認する必要があります。 必要であれば、定款変更して法務局に変更登記を行います。 兵庫・大阪などは、定款の事業目的に記載がなければ申請を受け付けてくれませんので、対応が必要です。