建設業許可の立証に長けた先生であれば、難しい案件でも立証ノウハウを持っている場合があります。

建設業許可を専門に行っていなければ、ノウハウがないために同じ案件でも立証ができないのです。

ベテランと新人では、上記のような違いがあります。

つまり、要件を満たすのが微妙なケースなどで、どうすれば満たせるかをコンサルティングできるかどうかが、行政書士の腕の見せ所になります。