経営事項審査をお考えなら、完成工事について元請工事に係る請負代金額の合計の7割を超えるまで、大きい順に記載する必要があります。

続けて、総完成工事高の7割を超えるまで、元請・下請工事の別に関わらず請負代金額の大きい順に記載します。

経営事項審査に関係がなければ、完成工事について、主なものを請負代金の大きい順に記載します。