登記されていない事項の証明書は、許可申請者等が成年後見被後見人及び被保佐人に該当しない旨の証明で、法務局で取得(各都道府県の本局か東京法務局)できます。

身分証明書は、許可申請者等が成年被後見人又は被保佐人に該当せず、破産者で復権を得ないものに該当しない旨の証明で、市町村長が発行してくれます。

いずれも、提出前3か月以内のものが必要です。

なお、外国籍の方の場合は、登記されていない事項の証明書のみ添付します。