許可のある建設工事の施工に関し、その工事に従として行う建設工事のことです。

つまり、主たる建設工事を施工するために必要が生じた他の従たる建設工事や、主たる建設工事の施工により必要が生じた他の従たる工事で、その従たる工事自体が独立の使用目的に供されるものではないものです。

附帯工事に関しては、許可のある工事とともに請け負う際は、許可が必要ありません。

附帯工事の施工については、その工事の許可業者に下請けに出すか、必要な技術者を自ら置いた場合だけ施行できます。