初めて建設業許可を申請する場合には、わからない単語が多いかもしれません。

主任技術者とは、下請け工事及び発注者から直接請け負った工事(元請け)において、外注総額が3千万円未満である現場に必ず配置しなければいけない技術者のことです。

主任技術者になり得るのは、専任技術者の要件を満たしている者です。

監理技術者は、発注者からの元請工事において、外注総額が3千万以上である現場に必ず配置しなければならない技術者のことです。

監理技術者は、特定建設業の専任技術者になり得る要件を満たしている者です。