建設業許可が必要ない工事は、

軽微な建設工事
付帯工事です。

①については、建築一式工事で工事金額が1500万円未満か、延べ面積が150㎡未満の木造住宅工事が該当します。

建築一式工事以外では1件の請負代金の額が500万円未満の工事を言います。

②の付帯工事は許可のある建設工事に従として附帯する他の建設工事のことです。

 

一応、許可が必要なくてもできるとされていますが、許可を取得しておくに越したことはありません。

現在は何らかの事情で許可がなくても、将来的には取得する計画を立てるようにお勧めします。