経営業務管理責任者や専任技術者の要件を満たす場合に、以前に勤めていた経験を立証しなければならない場合があります。

その場合、以前の勤務先が現存していれば、証明書を発行してもらうことも容易ですが、そうでなく倒産や廃業しているケースです。

中には、以前の勤務先と喧嘩別れして証明書を発行してもらえないという状況も、あります。

以前の勤務先が倒産している場合は、当時の役員などに証明書を発行してもらうケースがあります。

役員の方の印鑑証明書も添付してもらいます。

しかし、役員等の居所も不明な場合があります。

その場合は、以前の勤務先の倒産経緯や廃業などがやむを得ないと判断されれば、役員等の証明が出なくても、自己証明で申請受理してくれる窓口もあります。

ですから、管轄窓口と事前に折衝して、立証方法を確認しておくとよいでしょう。