建設業許可業者の役員等の経歴があれば、許可通知書等の書面で立証できます。

そうでなければ、工事請負契約書や注文書など工事実績関係書類で立証する方法があります。

我々行政書士はいかに立証するかに長けていますので、悩まれたらご相談ください。

そもそも実態がない場合はどうしようもありませんが、実態があるなら、きっと解決法が見つかるはずです。