請負契約について、不正又は不誠実な行為をするおそれが明らかでないことです。

具体的には、詐欺、脅迫、横領等法律に違反する行為や、工事内容や工期等の損害負担について請負契約に違反する行為を言います。

法人であれば代表だけでなく役員や使用人等も、他法令に違反していないかまで調査されます。