経営業務を補佐した経験は、経営業務管理責任者に準ずる地位で、許可を受けようとする建設工事の施工に必要とあれる資金調達、技術者等の配置、下請業者との契約等の全般を担っていた経験です。

つまり、経営者の片腕として現場や契約等を一切取り仕切っていたことを、立証する必要があります。

法人登記簿上の役員であれば立証しやすいのですが、そうでない場合は、あらゆる書類で証明することになります。

業界的に書類がきちんと残っていないケースも多く、行政書士が頭を悩ませるケースではあります。

が、行政書士の腕が問われる申請でもあります。

困られたら、信頼できる行政書士にご相談ください。