経営管理責任者や専任技術者の要件を立証するのに、確定申告書は非常に役立ちます。

特に業歴や専従要件についてですが、確定申告を提出した後、控えをどこにやったのかがわからなくなるケースは多いものです。

基本的に、見返す機会がない書類です。

ただ、翌年の確定申告書作成の際などに使うケースや税務調査が入った際に必要かと思いますので、できれば保管しておきたいところではあります。

この確定申告書ですが、原本は税務署で保管していますので、建設業許可の申請では税務署の受付印のある控えで申請します。

紛失している場合は、税務署に再発行してもらうことは可能ですが、概ね代理は不可で本人申請、発行までに1~2週間程度の期間が必要になります。