経営業務管理責任者の要件が緩和されて以降、補佐経験の立証に関するご相談が非常に多くなりました。

経営者の片腕として経営を見ていたが、書類がないケースです。

役員などであれば立証がしやすいのですが、小規模企業だと親族などが役員になっており、同族以外は役員になれないケースも多いものです。

また、以前勤務していた会社が倒産や廃業等をしていると、書類どころか経営者もどこに行ったかわからない、連絡が取れないといったケースになります。

その場合は、例えば公的機関に当時提出した書類の中に経営補佐を窺わせる書類はないか、取引先や注文主に渡している書類にないかなどを、探します。

周囲の協力が不可欠になります。