500万円以上の資金を証明するのは、許可業者として何かの際に責任を負えるかどうかを見るためです。

複数の金融機関で残高証明書を取得する場合、本当は500万の資金がないのに、一方で証明書を取得して引き出し、次の金融機関に引き出した資金を入金して合計すれば500万以上になる旨の操作をするケースが考えられます。

いわゆる、見せ金です。

そのため、複数の金融機関で残高証明書を取得する場合は、同日・時刻も誤差がないものしか認めないという自治体であったり、そもそも認めない自治体もあります。

管轄の自治体に確認が必要です。