産業廃棄物収集運搬業(積替え・保管を含まない)の許可申請先を考える際には、次のようなパターンをご理解ください。

重要なのは、廃棄物を積み込む場所と廃棄物を降ろす場所です。
単に通過する自治体の許可は必要ありません。

例1 積み込み場所と降ろす場所が同一の政令指定都市の場合(神戸市内)
当該政令指定都市の許可が必要

例2 積み込み場所と降ろす場所が異なる県の場合(例えば、兵庫県と大阪府)
2つの県の許可が必要

例3 積み込み場所と降ろす場所が同一都道府県の異なる政令指定都市の場合(神戸市と姫路市)
包括する県の許可が必要

複雑なケースについては、関与する自治体に事前相談が必要です。