役員と管理者は、兼務が可能です。

住民票や身分証明書も、1部を提出すれば足ります。

 

しかし、誓約書などは役員分と管理者分の両方を提出しなければなりません。

法人の役員であることと、古物営業の管理者であることは別だからです。

 

経歴書についても、同様です。

それぞれについて、提出する必要があります。

 

6a42fb00