単に赤字というだけで不許可というわけではありませんが、難しくはなります。

直近3年間の決算書を提出し、純利益や債務の状況等、自治体によっては微妙に判断基準が異なります。