同時に複数の都道府県許可を申請する場合は、1か所に提出した書類を他の申請先で省略できる場合があります。

詳しくは窓口との折衝になりますが、複数都道府県の許可を取得する際は、同時に申請したほうが手間が省けます。

 

行政書士の報酬についても、同時に複数申請する場合は、2つ目からは割引ができることがほとんどです。

ほぼ同じ書類で申請先だけが異なる状況になりますので、割引が可能になります。

 

各行政書士事務所の報酬規程によりますが、ご相談の際に複数の申請先に同時に行いたい旨を伝えてください。

 

よくあるのが、ほとんど運搬する機会がないがたまに運搬する都道府県があるケースです。

申請手数料や行政書士報酬を節約するために申請しない方がけっこういらっしゃいますが、後々、許可がないために業務に支障をきたしていることが多いです。

最初に取得しておけば、何の躊躇いもなく業務に打ち込めます。

投資以上の金額を稼げばよいのですから、必要な許可は取得しておいたほうが無難です。