産業廃棄物の許可が不要な場合としては、

  1. 自ら運搬する
  2. 専ら再生利用する
  3. 省令で定める場合
  4. 再生利用認定を受けている
  5. 広域処理認定を受けている
  6. 無害化認定を受けている
  7. リサイクル法に特例がある

等です。

気になる場合は、管轄の窓口に問い合わせるとよいでしょう。