インターネット上で、半年間に亘って行います。

通常は産廃ネットを利用している業者さんが多いです。

ただ、情報を公開しているが更新していなかったり、必要な情報を公開していない場合は、認定されませんので注意が必要です。

自治体によっては、更新頻度の一覧表を提出書類として求めてくるケースもあります。