表題の証明書は管轄の税務署に請求するものですが、確定申告をしていなければ取得できません

会社員が副業で一定以上の収入がある場合には、確定申告が必要です。

 

しかし、会社員としての給与のみで確定申告をしたことがなければ、税務署に何ら申告していません。

会社が代わりに、所得税を申告してくれています。

 

上記の場合は、会社員としての給与を証明します。

直近3年の源泉徴収票で問題ないケースが多いですが、管轄窓口によっては、市県民税の納税証明書の添付を求められることがあります。

まずは源泉徴収票を持参して、環境課と折衝してください。