使用者が申請人名義になっていれば、特に問題はありません。

リース車両でも許可を取得できますので、それほど神経質になる必要はありません。

車両、資金、保管場所等の要件が満たされていれば、まず取得できる許可です。

もっとも、欠格要件に該当している場合は取得できません。