建設業許可・産業廃棄物収集運搬業許可の新規許可取得、更新申請、変更届等、各種許認可申請はお任せください!
TAG

行政書士

建設業許可申請の行政書士関与率

兵庫県行政書士会では、建設業許可、産業廃棄物許可、農地転用などの手続について行政書士の関与率を調査しています。 ときおり、広報に記載されますが、建設業許可申請については約7~8割以上は行政書士が関与しています。 自社で申請などを行うのは手間ですし、経営事項審査や入札で行政書士が関与しているほうがいろいろとアドバイスを受けられますので、自社でやるよりメリットを感じていただけるのでしょう。 融資や補助 […]

Q 行政書士の先生に頼むと、許可が取りやすくなりますか?

行政書士に依頼すると、許可要件が緩和されるとか、役所との関係から優遇されるということはありません。 建設業許可に長けた行政書士は、マニュアル通りの立証や必要書類だけでなく、代替案を役所と折衝することができます。 ですから、許可要件を満たすかどうかわからない時、微妙な時などは行政書士に依頼すれば許可を取れる可能性が高まります。 ご自身で窓口と折衝した場合は、役所が求める立証に応える形になりますが、そ […]

Q 建設業許可の要件を満たしていませんが、何とかなりますか?

行政書士の中には、明らかに要件を満たしていない業者さんでも、許可取得を促す方はいます。 その場合、黒を白にするため、何らかの違法行為が行われていると考えられます。 当事務所はそのような行為は一切行っておりません。 実態はあるのに、書類が出てこない、立証が上手くいかないという方の許可取得を執念深くサポートしています。 要件を満たしていないのに何らかの方法で許可を得、その後、事業が上手くいき従業員など […]

Q 建設業許可申請書を閲覧できますか?

各自治体の土木事務所で閲覧できます。 しかし、日時や項目に制限がある場合もありますので、事前にTELして確認するようにしてください。 また、経営事項審査の時期などは窓口が込み合うため、閲覧できない自治体もあります。 コピーを希望しても許可されない場合も多いため、必要であればメモの用意をしていくほうがよいでしょう。 我々行政書士が閲覧を代行することも可能です。

Q なぜ、行政書士の先生によって許可が取れるか・取れないかが変わるのですか?

建設業許可の立証に長けた先生であれば、難しい案件でも立証ノウハウを持っている場合があります。 建設業許可を専門に行っていなければ、ノウハウがないために同じ案件でも立証ができないのです。 ベテランと新人では、上記のような違いがあります。 つまり、要件を満たすのが微妙なケースなどで、どうすれば満たせるかをコンサルティングできるかどうかが、行政書士の腕の見せ所になります。